NEWS

ニュース

  • コンサルティング
  • 18.01.12

ニーズ踏まえた商品提案【ブライダルコンサルティング有力企業ガイド/w-style】

 婚礼アイテム・演出用品の企画・開発を手掛け、BtoB・BtoCへの独自のチャネルで業績を伸ばしてきているのがw-style(奈良県奈良市)だ。昨年から、個人クリエイターとのつながりを強化。秋には、LINEを活用した販売手法も取入れ、展開。販売サイトは、新たな持込防止における役割も担いつつあるなど、そのモデルに注目が高まっている。

 ―― 看板商品である「GRACEROSE( グレイスローズ)」、「ミニこも樽・クラッカー樽」などの法人販売を続ける一方で、婚礼客向けイベントに出展するなど個人向けへのアプローチも積極的です。
 「婚礼ニーズの多様化に合わせ、演出用品も毎年様々なアイテムが登場しています。当然、新郎新婦はアイテムを選ぶ選択肢が増えることになるわけです。当社は、婚礼演出メーカーとしてオリジナル商品の企画開発に加え、様々な企業からアイテムを仕入れ販売する販社としても事業を展開。合わせて、個人向けのイベントや通信販売サイトを通じて、利用者の声に直接傾けています。そこで感じるのは、エンドユーザーであるカップルが様々なアイテムに対して勉強しているということ。スマホの普及により、自分に興味がある商品に関して、WEB を通して知ることができ、より質の高い物を求める傾向が年々強まってきていると感じています。こうした実体験を通して、取引会場・企業からニーズに合わせた商品販売方法に関する相談を受けることも増加してきています。」
――最近では個人クリエイターとのつながりを強化してきています。
 「スマホの影響力の大きさが背景にあります。ここ数年で、通販サイトのアクセスが増加。WEBを通じての商品販売も伸びてきています。弊社が展開するジャイアントフラワーもそうした流れからヒットしていった商品の1つです。もともとはクリエイターと知り合い、販売していたアイテムですが、ニーズ・リクエストが増えてきたことにより、商品を自社展開化。そのことが、軽く・型崩れしにくい“メリア”や、和のフラワーの誕生にもつながっています。こうした経緯もあり、同じクリエイターと積極的に交流。同じ花の作り手であったり、小物製作するクラフトクリエイターとも多くつながり、販売促進における相談も受けるようになってきました。」
――この秋からは、LINEを活用した新たな取組みもスタートしました。
 「今まで以上に利用者の声を取り入れた商品開発に結び付けたいとの考えがあります。LINE ページにより、気軽にコミュニケーションをとれるようになり、相談窓口としての効果も出ています。合わせて提携しているクリエイターがw-style のLINE アカウントを通し、直接エンドユーザーへ商品説明ができるなど、専門性の高い問い合わせにも対応。販売につながっています。予想していなかったことですが、販売実績のない婚礼施設からの問合せもあり、新規取引につながるなどの成果もありました。担当者からは、当社であれば安心して利用できる、持込防止にもつながるといった声もあります。当社は、BtoB での卸販売がメインです。だからこそ、どんな商品が求められるのか。卸取引でのパートナー・クリエイターを通し、商品改善・魅力アップにつなげることができるはずです。」

◎HP http://www.w-styleonline.com
◎連絡先 0747-52-7365