NEWS

ニュース

  • コンサルティング
  • 18.01.11

ワクワクで集客するWEBサイト【ブライダルコンサルティング有力企業ガイド/グロウ・リパブリック】

クリエイティブ・マーケティングを始め、店舗開発、ウェブサービスなど多角的に事業を手掛ける、グロウ・リパブリック(本社:東京都目黒区)のCOO・クリエイティブディレクターの原彰男氏。顧客の「本当の価値」を表現し、消費者にまで笑顔を届ける制作物、サービスを提供。サポート企業はブライダル業界を始め多岐に渡る。

――HP制作で心掛けることとは。
 「例えば会場のサイト改修の目的は、来館者を増やし、成約を獲得すること。その手段がホームページなのです。問題点を見直し最適な仕組みを制作、分析しコンバージョンをアップ、企業ブランドの価値を高め、目標に繋げます。もちろんオープン後の運用サポートも。WEB 担当者の業務改善、仕組みの最適化を随時行います。」
――ワキリエ氏やニューバリューフロンティアなど、サポート企業の4割がブライダル関連。これからのサイト作りへの提案は?
 「多くがテンプレート化している印象です。SEO を気にするあまり、文字を多く記載し、伝えたいことが散乱。結果ユーザーは読まなくなる。大切なのは自社の製品が手に届く日までワクワクさせること。会場なら『来館する日が待ちきれない!』という心理にさせる。その為には伝えたい情報を100%乗せなくても良いのです。」
――ワクワクするホームページ!具体的な事例を教えてください。
 「6 年前、THE TREAT DRESSING のリニューアルをした際、テンプレートに沿った提案を山城葉子氏に却下され(笑)クリエイター魂に火が付きました。イメージは雑誌。余白を増やし、文字を減らして読みやすくする。WEB特有のモーショングラフィックをアイキャッチにして、文章を読ませる工夫を。リブランドデザインのコンセプトは、当社の得意とする高級感を演出するなどの『価値付』。結果、アクセス数が4万から100 万に上がりました。会場『THE SODOH』のサイトにもそのテクニックを使い、アクセスすると映像が流れ、注意を引くようにしています。」

◎連絡先:03-6905-7860
◎URL:http://gro-repu.com/