NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 17.10.08

私の忘れられないウエディング【愛染倉 沖田真弓さん】

 愛染倉(京都府京都市)のマネージャー・沖田真弓さんの思い出に残る式は、一昨年の秋に開催したもの。家族の愛を感じた式だったという。
 神社で神前式を執り行ったため、新婦とお父さんはバージンロードを一緒に歩いていなかった。披露宴で再入場の際、サプライズでお父さんと入場する予定を組んだ。
 「大切な愛娘の結婚式。お父さんは大号泣で、一緒に歩くことを拒否してしまいました(笑)。新郎にバトンタッチしたくない気持ちが、大きかったのかもしれませんね。」
 その後、新婦のお父さんの特技である習字で、新郎と対決。見事お父さんが勝利し、笑顔を見せた。
 「新郎の謝辞では、『どれだけ愛情を注いで育ててきたかが、今日伝わった』と述べていました。お父さんの熱い想いは、しっかりと新郎に引き継がれています。」